いなりもりのいいところ

太陽と水と土、自然とふれあう保育をしています。

いなりもりには、自然を生かした遊びがたくさんあります。砂場での泥んこ遊び、水遊び、石拾い、ござをしいて木の葉や草でおままごと、
おしろい花や洋種山ゴボウで色水作り、だんご虫とり、どんぐり拾いなど、今少なくなった自然の遊びがたくさんあります。
いなりもりの子どもたちは身近な自然とかかわる中で遊びを考えだしたり、工夫して遊ぶのが上手です。

父母の方々と協力して子育てをします。

父母のみなさんと力を合わせて、子育てをしたいと思っています。
父母の皆さんとの信頼関係が子どもの安心につながり育っていくと考えています。


全体で60人ほどの小規模園、異年齢のかかわりを大切にしています。

少人数なので、全園児がともだちになります。幼児期の子どもにとって大切なのは、”毎日の生活”です。
大きい子やともだちのまねをしたり、教えてもらったり、いなりもりの子どもたちは”毎日の生活”のなかで、ともだちとかかわりながら、社会性を身につけていきます。
特に、年中と年長の混合クラスではお互いに助け合いながら、先生の指示がなくても進んで小さい子のめんどうをみたり、おかたづけをしたり、とてもよい関係ができあがっています。
年齢別の保育もその中にうまく組み合わされています。

子どもたちのいきいきとした生活を目指しています。

大人の指示がなければ動けない子どもが増えている現在、いなりもりでは、”やらされる生活から、やる生活へ”を目標に、子どもたちの自主性を尊重しながら、保育しています。
毎日の保育も子どもが主役です。大人にとってではなく、子どもにとってどうかを考えています。
運動会やげきあそびなどなど、結果やその日のできばえを問題にするのではなく、過程を大切にしています。運動会の種目やげきも何をしたいかを子どもたちと話し合って決めます。

1948年創立、60年を越える歴史のある保育園です。

昭和23年に神社の庭を借りて、地域の有志によって作られた園です。親子三代で来ている方もいます。


オリジナルの園歌を作りました。

いなりもり保育園の園歌、先生たちで作りました。

お気軽にお問い合わせください。042-661-6505

お問い合わせはこちらお問い合わせはお気軽に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする