劇あそび

2月7日
先生たち、父母と続き、子どもたちの劇の日を迎えました。
いよいよ自分たちの番が来たと張り切ったり、ドキドキしたり…。

ちゅうりっぷさんは創作「こぐまちゃんのたんじょうび」
大勢の観客を前にほとんどいつも通りにできて可愛らしかったです!

たんぽぽさんは「ねずみ長者」
歌あり踊りあり工夫ありと楽しい展開でした!

すみれさんは「ねずみの嫁いり」
役をしっかり意識し長いセリフもしっかり覚えさすが年長さんといった感じでした!

大人の劇を観て表現あそびの楽しさが伝わったからこそ発表会的ではなく、作り上げる
過程を含め「楽しむ劇」が出来たように思います。
終わった直前の子どもたちの顔は満足感の笑顔でした!!